わずか3分で分かる!白髪染めによるカラーの違いを比較!


白髪染めの楽しみといえばカラーバリエーションです。
単純に黒く染めるのもいいですし、ちょっと明るい色にする選択肢もあります。
でも、せっかく染めるなら自分好みのカラーにしたいですよね。

 

白髪染めのメーカーによってカラーの種類に違いがあります。
とは言っても、どの白髪染めにどんな色があるかを調べるのは面倒です。

 

そこで!白髪染めごとにどんなカラーがあるのかをまとめてみました。

 

白髪染めのカラーバリエーション

順位白髪染め色数カラー価格詳細
1位
1
レフィーネヘッドスパ
4色image63,334円公式サイト
2位
list
ルプルプ
4色image71,980円公式サイト

3位
113606
利尻ヘアカラートリートメント
3色image82,000円公式サイト

4位
31UftZxPK
くろめヘアカラートリートメント
3色image92,980円公式サイト
5位
25766f
ピュアリッチパーフェクト
2色image102,700円公式サイト

 

同じ色でも違う?

同じ色でもメーカーごとに微妙に違います。
例えば、同じライトブラウンでもちょっと違います。
それぞれメーカーの特徴がありますので、仕方がないんですがね。

 

上記表の色は、あくまでもメーカーの公式サイトから抜粋した色です。
実際に染めてみるとさらに違う色になる可能性があります。
もともとの髪の色もみな違いますので、染めてみないとどうなるかはわからないです。
ただ、染める前の指標にはなると思います。

 

 

白髪染めの色選びのコツ

 

髪質や白髪の量によって染まり具合が変わってきます。
そこで、髪質・白髪の量による白髪染め選びのコツをまとめてみました。

 

 

髪質による違い

細くて柔らかい
パーマなどをしやすい髪質の人です。
希望通りの色に染まりやすいので、気に入ったカラーを選ぶといいです。

 

太くて硬い
白髪染めの液が浸透しにくいので、若干暗めになってしまいます。
1段明るいカラーを選ぶのがいいでしょう。

 

 

白髪の量による違い

白髪の量がまばら(少ない)
仕上がりが暗っぽくなる傾向にあるので、明るい色を選ぶのがいいです。

 

白髪が全体の半分程度
若干暗っぽくなりますが、選んだカラーと同じような色になるので、
好きな色を選んでいいと思います。

 

全体が白髪
白髪染めの液が浸透しやすいので、好みの色を選べばいいと思います。

 

レフィーネは無限大?

レフィーネは色を自分で作ることができるので、実質無限につくることが可能です。 あなたのお気に入りの色を作ってみましょう。 公式サイトでシミュレーションできるので、もしよかったらやってみてください。

 

コメントを残す