わずか3分で分かる!アトピー・敏感肌におすすめの白髪染めの比較

白髪染め1つとってもいろんなタイプがあります。
それぞれの白髪染めで特徴が全く違いますので、あなたがどんな白髪染めを求めているのかを知る必要があります。

それぞれの白髪染めについて紹介したいと思います。

白髪染めの種類


2剤式の白髪染め


ドラッグストアで売っている白髪染めの主流がこれです。
1剤と2剤の液を混ぜて使うものです。
ツンとしたニオイがするのですぐにわかると思います。


白髪染めシャンプー


シャンプーに白髪染めの成分が入っているもの。
放置時間が全くないという利点があります。

白髪染めトリートメント

トリートメントに白髪染めの成分を配合しているもの。
放置時間はありますが、白髪染めシャンプーよりも染まりやすいです。
天然成分、植物由来の成分を使用しています。

ヘナ

天然の成分から出来ている白髪染めです。
ヘナの粉にお湯を混ぜてペースト状にして髪につけます。
肌には優しいのですが、手間がかかるのが難点です。


白髪隠し

新しく生えてきた生え際などの白髪を染めるもの。
液の量が多くないですが、ピンポイントで簡単に白髪を染めることが可能。
すすぐことも必要ないので、お出かけ前にサッと白髪染めができます。

白髪染めの比較

白髪染め髪へのダメージ染まり具合使用頻度放置時間詳細
b6d82

2剤式の白髪染め
×
1~2ヶ月に1回20分公式サイト

sastty003

白髪染めシャンプー
毎日(染まるまで)なし公式サイト
31UftZxPK

白髪染めトリートメント
3日に1回10~20分公式サイト

im

ヘナ
1~2ヶ月に1回30分公式サイト
315rou

白髪隠し
3日に1回5分公式サイト

まとめ


上記の表から最も評価が高いのはヘナの白髪染めだということがわかります。
ただ、ヘナの白髪染めはとにかく手間がかかります。
粉にお湯を足して混ぜたり、放置時間が長かったり、肌に液がついてしまったりと…。

そこでおすすめなのが「白髪染めトリートメント」です。
白髪染めトリートメントは、シャンプーの後に使うだけですからすぐにできますからね。
放置時間は確かにありますが使い勝手いいです。

コメントを残す