わずか2分で分かる!白髪染めでかゆみが出た場合の対処方法!


白髪染めのあのヒリヒリ感!
本当に耐えられないような痛みですよね。白髪染めの液を洗い流した後もかゆみが残ります。
でも、掻くのは本当によくないので絶対にNG!


掻きたいけど掻けない。つらいですよね(-_-;)
でも、本当に耐えられないようなかゆみが残った場合はどうすればいいのか?
その対処方法についていくつか説明します。

白髪染めでかゆみが出た場合の対処方法


保冷剤などでかゆい箇所を冷やす


冷やすことである程度かゆみが軽減されます。どんな方法で冷やすのか?
1番メジャーな方法は保冷剤ですね。


お風呂はぬるま湯で


カラダの体温が上がってくると、カラダ全身がかゆくなってしまいます。
お風呂に入る場合はできるだけ、低い温度で入ってください。
あまり冷たすぎても、体に悪影響なので、あくまでも適温で!


部屋の温度を下げる


部屋の温度が高すぎると、どうしてもかゆみが増してしまいます。
夏はエアコンで部屋の温度を下げ、冬は暖房で温めすぎないようにしましょう。
適切な温度に保てればOKです。


シャワーを直接当てない


シャワーをあてると1時的にかゆみが収まったような感じがしますが、
それは1時的なもの。
シャワーを当てるのをやめると、かゆみが一層ひどくなります。
ただ刺激しているので。


皮膚科に行く


これが1番効果がある方法です
皮膚科の医師と相談して、適切な薬を処方してもらうのが解決の1番の近道です。
その他、かゆみを抑える方法を相談してみるのもいいですね。


今後白髪染めする場合は?



白髪染めをしてからかゆみがでるのは、ジアミンアレルギーである可能性が高いです。
ジアミンは白髪染めに含まれているアレルギー成分。
白髪染めの色味を出すのに活躍するのですが、アレルギーを誘発するものでもあります。
アレルギー体質の人は、ジアミンが含まれていない「ジアミンフリーの白髪染め」を使う必要があります。
ジアミンフリーの白髪染めは多数販売されていますので、参考にしてみてください。

まとめ
白髪染めで肌がかゆくなった場合は、とにかく刺激をしないことが大事。
応急的にかゆみを防ぐ方法を実践して、時間があったらすぐに皮膚科に行くようにしましょう。

コメントを残す