ヘナ?トリートメント?口コミで話題の無添加の白髪染めとは?

最近、無添加の白髪染めと言われているものが販売されていますが、
この無添加ってどういう意味なんでしょうか?


無添加とは?



無添加とは添加していないということ?
何を添加していないかの、「何を」がメーカーによって違います。
例えば香料が入っていないだけで、無添加と言っているメーカーもあったりします。


しかし、どの白髪染めにも化学的な成分は、多少は含まれています。
無添加の白髪染めは、酸化染料や酸化剤は含まれていない「安全な白髪染め」ということになります。
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、刺激物が含まれないということです。


完全に無添加の白髪染めは?



ヘナ100%の白髪染めは完全無添加だと言えます。
植物を粉末にして染めるものですから。
ただ注意したいのは、100%の場合はってことです。


最近のヘナには、それなりに酸化染料が含まれているものが結構あります。
ちなみに100%ヘナのものはオレンジ色に染まってしまうので、インディゴによる色調整が必要になります。
そのため手間がすごいかかるんです。


トータルに考えると?



  • 手間がかかるけど完全無添加がいい→100%ヘナの白髪染め
  • 完全無添加ではないけど安全な白髪染め→白髪染めトリートメント

こんな感じですかね。
世間一般的には、両方ともいわゆる無添加の白髪染めなので、アトピー肌や敏感肌の人でも安心して使えますよ。